■本郷の回覧板

昔空間散歩の薦め

本郷 −菊坂の与太郎−

トップページ

本郷界隈「辻番」

本郷 菊坂の与太郎(戯言編)る日、出涸らし亭主モードで古地図を広げ昔空間散歩を散歩していると。アレ~仙川(千川)上水を辿っていたら?・・・何か変だぞ。

何がって、ホラ「辻番」や「木戸番小屋」「木戸」の位置をヨク見て欲しい。 以前、「東大下水をたどる」【富士権現】を調べている内に一枚の絵図と出合ってそのもう一つの理由が判明しました。そう、世は太平になるがゆえ腕試しや、新刀などの試し切りを不貞の輩が、辻斬りという形で行い非道な行いをする物騒な世の中が訪れた為です。そこで寛永六年から各辻に「辻番」を設けそれぞれの受け持ち範囲で責任を取らせたからでした。

その絵図とは、所蔵図書【加賀殿再訪・西秋良宏編】の口絵P10/11「将軍の姫君登城途中の図」(M22年出版・徳川盛世録)である、そこには現本郷三丁目交差点付近におけるクランク状の春日通の続きに面して(大木戸)門が存在していた様子が描かれていました。

成る程そう云えば「松の栄」M22年出版【加賀殿再訪西秋良宏編】のP66には、遥か彼方に、本多藩邸前(森川宿辺りにも関所のような木戸門が描かれています。)そういえば治安の為の、木戸番とサイズも規格化された番小屋が各町内で存在し、夜になると大木戸は閉められ、閉門以後は木戸番を通じて、拍子木の音に送られ脇の小さな門より隣の町内に申し送られたことを思い出しました。と書きましたがホラ、わかっちゃったでしょ、勿論時代によって、その必要性により「辻番」や木戸小屋、自身番所の数が増えたり、減ったりはしたでしょうけどコレ皆さんは何と考えますか?。

因みに一昨年「昔空間散歩」で紹介した、文京区本郷の「真砂図書館所蔵」の■『本郷古図』を探る! では、「一里塚」のある本郷追分豪商『高崎屋』の反対側に、水戸藩下屋敷側に「辻番」として記されていました。以前は森川宿の名、発祥の【森川金右エ門】が警備に当たっていた処です。

そう云えば、東大農学部前の豪商【高崎屋】、近くには『木下順二』先生が愛したおでん【呑喜】 (のんき/一高前)があります。ここのおでんは有名で、南極観測越冬隊員の絶大なるリクエストで、南極まで差し入れられたというおでんを食べさせてくれます。色は、関東風の濃い目の色をしておりますが濃いわけではなくとても美味しいです。さて、そ道路反対側「根津神社」方向に向かう側には、加賀藩家老の子ではないのかと囁かれ。(湯島「壷屋」最中を愛した)勝海舟の命を受け、(千葉県)姉ヶ崎で命を落とした松濤権之丞(まつなみ ごんのじょう)」の蛍域や、新撰『東京名所圖會』本郷區之部(P102・150)や『古老が語るわが森川町』(P9)にも記載のある、加賀鳶最後の人と云われる『松島彦八氏』の蛍域とその関連の碑が二つ程ある「西教寺」という元禄期湯島界隈より越してきた古いお寺がございます。

また気になったのはその近くに、通りを横断して架けられていた石橋が追分地図には描かれていました。でも、本郷三丁目交差点近くの流水「東大下水」位置には石橋等の表示がドコを探しても描かれていない。もうこの頃は明暦の大火か天和の火災で、猛火に追われ、避難する時、川に落ち亡くなったり怪我をする者が多かった為、避難に障害になる川筋水流は後。暗渠化されたとも聞いております、そのせいでしょうか。

次に東大農学部前より、南下し以前過激派攻撃にあった。「弥生町交番」派出所前を通り、弥生町交差点、言門通りを渡る、昔はこんな道も無かったのになあ・・と呟きながら。今は工学部がある当たりは東大正門脇まで、『消防第四分署』や町屋が明治期までありここには、矯風会の会頭となる山田恒(ガントレット恒)や「山田耕筰」が幼い時を過ごしたところです。この工学部一帯の「町屋」は先程の「辻番」辺りから森川一族が警備に当たっていた処で「御先手組」「中山勘解由」そして古くは「矢代越中与力同心」が常駐した場所で、明治43年に道路拡張の為。取払われるまで「工学部側に御両親が住んでいた」と、和紙専門店「斉藤紙店」が本郷通り反対の場所で今も老舗を守っているのが嬉しいです。(お尋ねすると、宮前通りの「大西質店」さんも反対側に住んでいた事を覚えていらっしゃいました。)この東大正門前には本多藩がありここには【裏門】と辻番がありました。ここ本郷六丁目境には「松の栄」の画にあるように「大木戸」が存在していたのです。さて、古地図でも文章でも確認されているこの位置ですが。この旧・森川町の本多中務大輔屋敷、下屋敷(「文政細見江図」や「御府内備考」と「本郷古図」では中屋敷)表記があるようです。明治になると本多藩邸を含め「森川町」と呼ばれるようになったこの本多藩邸一帯は※1670(寛文10)年庚戌 本多正勝の時代「黒田勘解由」ヨリ2萬3.200坪4.500両にて買求メラレタモノで、廃藩置県後もそのまま残り、本多子爵邸地となり、与太郎が注目する『青木美加子女史』の唱える「南西21度の線上」に『築山』を持つ、藩祖を祀る『映世神社』を中心に明治期に入ってもその存在が認められたでしょう。また「大邸記」では本多中務大輔下屋敷と表記され、森川宿坪数弐萬3.173坪とあります。) (東京市史稿 岡崎藩 P470)

◆本多藩邸前の「辻番」と大木戸

「本多藩邸」前の通りに面したこの「辻番」その後の調べでは仙川上水の項に顔を出しました。先日「水道歴史館」を訪ね資料を探していたら「千川上水300年」と云う本が見つかった、そこには・・・。 

◆1696(元禄九)年 仙川上水が一度敷設され、−×1714(正徳4)年柳沢の六義園閉鎖/−にともない×1722(享保7)年に一度埋められた。ところが小笠原佐渡守屋敷近く余語古庵屋敷隣家にあの賄賂事件で有名な沼田氏が居住、水の便を考えたのであろうか沼田政権の肝いりで仙川上水が再び復活している・・。

○1780(安永九)年往還東の方へ寄り大樋掛り。北木戸際へ小桝復興〜本郷地区として、本郷六丁目「安永九年中、往還同所五丁目境より百六十間程、往来中程に埋め小樋掛かり、小桝四ヶ所これあり候所、天明七年四月十三日お差止めに相成り候う旨仰せ渡され候う由にて、その節に取り潰し埋立て申し候う」。

×1786(天明七)年未四月中差止に相成埋立申候、とある。辻番、木戸小屋の番太郎は、安い賃金を補うため、「水の番」などの副業を持っていた。例えば網干坂近く「牛天神下」の辻番がそうである、野菜を売りながら水番(芥取り)も兼業していた。「上水番」を兼ねていた記録も残っている、さらに駄菓子、雑貨等の販売も行って生計を立てていたとあった。 ※「辻番は、生きた親父の捨て所」などと言われたそうな、何やら現代にも相通じるような物を感じます。今はその場所さえもないような気が致します。

◆本郷4丁目の「辻番」と大木戸

◎1671(寛文11)年新板江戸外絵図を見ると、<本郷三丁目交差点 >旧「か祢やす」位置側に、近藤屋敷内の菩提寺「大安寺」(後に二分した講安寺の開祖側に、吸収されたお寺)も見えます。そして次に、春日通り沿い「日蔭町」出入り口に、目を転じると旧加賀藩経営の「錦城銀行」があった、富士銀行位置(H20年現在・ソフトBANK携帯ショップ)の位置には本郷四丁目の「辻番」大木戸と番小屋が印されています。

そして今一つは「か祢やす」側から本郷三丁目交番側に大木戸が描かれている。この位置でいいのかな・・・?。 儘(ママ)と様子を見ることにしましょう・・・。   

※追記 《ソバリストとしても有名な、「文京ふるさと歴史館・友の会」会員でもある、ほしひかる氏が同「友の会だより」増刊号将此慍峪計』H200601発行に

●本郷春日通り 木戸番小屋 -焼芋のふるさと-としてコメントを寄せた。それによると「薩摩芋は、それまで蒸していたのですが、1793(寛政五)年冬、本郷四丁目の木戸番が内職として、行燈に「八里半」(栗に近いという意味)と書いて初めて石焼き芋を売ったというのです。「宝暦現来集」山田桂翁著。>引用終わり。

◆本妙寺谷角にも「辻番」か「番所」が・・?

本妙寺谷角にも「辻番」木戸番小屋もしくは(自身番所)が、在ったようです。おおまさしくココは「道造り屋敷残地」となり明治まで存在した。あの小石川養生所持ちの土地位置ではございませんか。ホホホ面白い。他の古地図ではこの「辻番」位置の記載が無い。「辻番」なら武家地が在ったのでしょうか(注目すべき一つの点です。)正保地図の謎「長泉寺」位置の敷地枠に関係が在るのでしょうか。

 

ということは江戸の地図としては、※二番目に古い下の正保地図では本妙寺坂から本妙寺谷を通り道は、大昔船が通る程の川幅及び水量だった為か【東大下水】によって分断されていたようで、道が赤丸内の様に無い。

◎正保地図にはまだ丸山に「長泉寺」や「本妙寺」の名が無い、でも、正保絵図を見れば同位置に何か豪族の館か、寺のような物が枠だけ、描かれている。これはなんだ・・・寺名が抜けているだけなのか、以前から資料等を探していた。何せ、「梨木坂」の上辺りには「丸山古墳」の一つが在ったと伝えがあるからである。分かったのは、以前本郷菊坂臺には・・・大阪の陣で活躍した「多門主善重吉」なる武将が開山した、お寺があったようだ。また何か判ったら報告しよう。  ★「寛永大絵図」に見た「菊坂」  ★★「菊坂」菊坂物語へ 

■御府内備考巻之38 駒込の参P150 (菊坂より移転) 天榮寺門前 一、往古駒込村百姓地に有之候處、同寺「本郷菊坂の臺」より萬治三子年引地相成、富時の地所拝領仕、其砌(ソノミギリ)より門前町屋御免被成下、寺社御奉行御支配の處、其後延享二丑年十二月中町奉行御支配に相成候、永代門前町屋に御座候、

■新撰東京名所圖會P136●寺院●「天榮寺(テンエイジ)」現在は駒込浅嘉町49番地にあり。「駒込・土物店発祥の地石碑が近くにある寺」と言った方が判りやすいだろうか。この寺は地久山法蔵院と號す、浄土宗京都知恩院末なり初の名は 「天英寺」 僧天輪(俗名 多門主善重吉、大阪の陣の武功あり、寛永二年寂)の開山なり、元和三年、本郷菊坂に創し萬治三年今の地に移る。

■本郷區史 P47 丸山天榮寺門前 ・丸山天榮寺門前 「天英寺」は元和三年本郷丸山に開創せるものであるが、越えて八年に門前町屋の起立を見るに至った、『文政寺社書上』に云う。 天榮寺○中略 一、門前町屋拾軒 小間六拾九間四尺、境内地面ひずみ有之、致繪圖間敷書付有、本郷丸山において門前起立は元和八壬戌年也。 とある。まだまだ謎は広がってゆく。 

引用文・典拠元

◎お世話になった方々◆貴重な資料&御指導を頂いた。

・「赤門前町会」の松岡町会長さま

・「元富士町会」の土屋町会長さま

・「森川町町会」の棚沢孝一さま(棚沢書店)

・       の鈴木さま(小池商店)

・       の蟹江さま

・「元森川町会」の和田さま

・「西 片 町 会」の町会長

・「春木町町会」中村為吉さま

・「表町町会」の加瀬町会長さま

●真砂図書館の司書<渡部さま 長幡さま 馬場さま>

■典拠元※本妙寺案内※江戸砂子 1732年

※武江年表 斉藤月岑 著 金子光晴 校訂 

※振袖火事と八百屋お七と水戸様火事の江戸雑学 加瀬順一 著

・東京都公文書・東京市史稿 などなど参考にさせて頂いた。感謝である。

※『江戸の坂東京の坂』 著「横関英一先生」に感謝!

※『文京区の散歩道』  著「江幡 潤 先生」

※(東大下水・本妙寺谷界隈関連) 「上納屋敷」本郷丸山局見せ長屋篇 

IT情報:Key 「万治の大火  吉祥寺移転」IT検索結果参照。

※文京區誌※駒込富士神社誌, 飯塚文治郎氏著 

※江戸から東京へ 矢田挿雲

※江戸10万日全記録 明田鉄男

※加賀殿再訪(東京大学本郷キャンパスの遺跡)  西秋 良宏 編

※戸田茂睡考-「戸田家系圖并ニ高名物語」に見る人間茂睡-戸田正彦

※戸田茂睡考-元禄十二年岡野氏あて茂睡書状の一考察-戸田正彦

※武江年表 斉藤月岑 著 金子光晴 校訂※(東京大学総合研究資料館 東京大学本

・御府内備考

・「友の会だより」増刊号将此慍峪計』H200601発行 ほしひかる氏

       本郷春日通り 木戸番小屋 -焼芋のふるさと-より抜粋]

・千川上水300年 大松騏一著 東銀座出版社

  H200103 与 (梨木紫雲)  追記H200606  H210719  与